Home  > R1-Z > キャリパーのオーバーホール

キャリパーのオーバーホール

2014/09/25(Thu) 21:21

1_201409231842365f8.jpg

みなさんこんちは
R1-Zの前足に倒立フォークが欲しいなぁ~、なんて軽いノリでスタートしたのは良いのですが
しかしR1-Zの純正のパーツなんて殆ど使えない事が解りました
当然キャリパーもです

これは何用なのかは解らないが、スズキ用のP90mmであることに間違いは無い
恐らくVj22か刀250用ではないかと推測される



2_20140923184237b68.jpg

何用なのかは別としても、どちらにせよ既に20年近く前の古い物である事は確かです
オーバーホールを前提に購入しましたが、ピストンを抜こうにもバッチリと固着してびくともしません
画像ではソコソコきれいに見えますがハッキリ言って汚物の領域><

因みにオークションにて¥1.200-で落とした半分ゴミです


3_2014092318423904c.jpg

ピストンプライヤーで抜けないし、OHしやすいように分解する

4_20140923184240398.jpg

最悪はピストンを潰してでも抜く覚悟でしたが、コンプレッサーのエアーで吹いたら「スポン!」と大きな音と共に弾丸が発射された、当たったら怪我するほどの勢いだ


5_20140923184241021.jpg

ぅわ~
マジで汚い><
素手では触るのもためらう程


6_201409231842510d1.jpg

ピストンの表面も軽く錆が出ている
汚い以外の感想が思い浮かばない

7_201409231842529e1.jpg

シールを抜いてめげそうになる

やはり汚物以外に感想が思いつかない

なにか良く解らないこびりついた付着物が固まって取れそうな雰囲気では無い
これは絶対に苦戦する予感



8_2014092318425494b.jpg


先ずは手始めに駄目元でピストンをバフで磨いてみたら、意外な事に表面の錆がきれいに取れたのでラッキー
最悪の場合はSUS304かA7075あたりで削って新作するつもりだった



9_20140923184255e28.jpg
パーツクリーナー・キャブクリーナー・ラッカーシンナー
あらゆる溶剤を試してみたが、こびり付いたゴムのカスが取れる様子が見えない
因みにブレーキフルードが固まったと言うか、結晶化したような硬いモロモロの付着物も溝に大量にこびり付いている





10_2014092318425785d.jpg


ふと思い出したのがコイツ
ペイント剥離剤


11_2014092318431005e.jpg

んー
一応少しは効果が有るけれど、いまいちパンチに欠ける


12_20140923184311224.jpg


お次に投入したのが、SUSの溶接の焼けを取る酸
コイツは強力だぜ?なんせSUSの表面を一皮めくるぐらいの破壊力を持っている
刷毛で塗ってる段階からブクブクと泡立つと言うか、おもくそ反応しとる


13_20140923184312736.jpg

やはり酸の破壊力は凄まじい
短時間一撃でこの洗浄力
まさかとは思うけど真似すると危険だと思います

付着物がきれいに落ちて明るみになったのが、ダストシールの収まる溝の腐食
結構キテます
オイルシールの部分も所々腐蝕してる
大丈夫かコイツ?




14_2014092318431428a.jpg

全部キレイに洗浄完了


15_2014092318431537a.jpg


シールの入る溝の部分が腐蝕やらで荒れているので、ゴム砥石で(砂消しゴムみたいなモン)
溝の中を軽く撫でて滑らかに仕上げなおしてやった


16_201409231843354e7.jpg

いくら汚れをきれいに落としても経年劣化と言うか、表面の風化がいかにも古臭さを醸し出している
このまま付けると中古臭がプンプンするので何とかしようと思う




17_2014092318433686e.jpg

大事な所はマスキングをしてコイツにぶち込む
未熟児を育てる保育器のようにも見えるがそう言う訳では無い



18_20140923184337de9.jpg

ブラストで表面を一皮剥いてやった
今まで黒かったのが白くなって変な感じだ


19_201409231843397d4.jpg

使う塗料はコイツです
世の中には沢山の種類の塗料が有ります
常温黒染めって書いてますが、見た目は普通に艶の無い黒色の塗装です


20_2014092318434042f.jpg

宣伝する気はないけど耐熱性が良いので、エキパイの塗装にも十分使える
普通のヒートペイントは焼きを入れないと何時までもべたべたしますが、こいつの良い所は直ぐに乾いてサラサラです
それと塗装皮膜が硬いので剥がれ難い特徴を持っています
ただしコレ一缶で1.800円だっけかな?ちょっと高いのがタマに傷

21_20140923184355de8.jpg


それとうたい文句通り、本気で真っ黒
うそでも良いからもう少し艶(半艶ぐらい)有れば最高なんだけどね
カンにつや消しタイプって書いてるが艶有りタイプは無いらしい、残念




21_20140925205714836.jpg


本体のクリーンアップが出来たので、シール類を組み込んでいきます
因みに本体が1.200円程だったのに対して、コチラのシール類は一万円オーバー><
消費税に手数料を取られているとは言え、ボディブローのように、いやアッパーカットを喰らった気分だ


22_20140925205715b47.jpg

やっぱ新品のシールは気持ちよいね
ピストンがすんなりと軽く入ってくれる



23_2014092520571745a.jpg


左側がP90mmの古いタイプのトキコキャリパー
右がDAEGに標準装備されている新しいタイプのキャリパー

因みにパットは共通だ



24_20140925205718cd1.jpg


それとパットを抑えるプレートも、色は異なるが共通のようだ
ここまで来ると「ひょっとしてピストンも・・・・」と思うのですが、残念な事にピストンサイズは異なります
細かく測ってはいないが、P90mmキャリパーの小さい方のピストンが、DAEGの大きい方のピストンとだいたい同じぐらいだ
って事は、同じマスターを使うと油圧が大きくなるんだな
ニッシンのラジアルマスターが1つ余ってるからソイツを使って様子をみよう



25_20140925205719eac.jpg

取りあえず完成
リフレッシュしてパッと見新しい(?)


A_20140923184356bb8.jpg

それと配置に必要な外形図をCADに収めておく


B_20140923184357821.jpg


だんだんと出来てきた(絵の話)



26_20140925205739fe3.jpg


CADに対して、現在R1-Z本体は寸法取りの為にバラバラです


スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(8trackback(0

2014/09/27(Sat)00:02

同じトキコでも、時代でずいぶんとデザインが違うのですね。
でも、パットやプレートが同じというのも面白いですが。
オーバーホールと再塗装で新品の様になりましたね!

名前:Nikkor (URL) 編集

2014/09/27(Sat)08:51

絶句!!

もう貴方は本当に異次元に行ってしまったのね💦

1200円で売った人も後悔してたりして(笑)

名前:南悪代官 (URL) 編集

2014/09/27(Sat)20:22

Nikkorさん
見た目は全く違うのですが、作る側の立場で考えて「もしや?・・」と思い合わせると、意外と共通パーツが合ったで少し嬉しくなりました

でもプレートは既に買った後でしたけれどもね
ポンコツでも磨けば意外とキレイになりました


名前:akai (URL) 編集

2014/09/27(Sat)20:25

南悪代官様
いやいやいや
ポンコツは所詮ポンコツですよ
修理してキレイにはなりましたが、OHで使った金額を考えると、もう少し程度の良いボディを買えば良かったかな?
なんて思います

名前:akai (URL) 編集

管理人のみ閲覧できます

2014/10/05(Sun)00:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

2016/05/12(Thu)23:32

トキコのオイルシールとかってどこに注文されました?

オーバーホールするにも部品調達出来なくて困ってます。

名前:名乗る程ではござらぬ (URL) 編集

2016/05/12(Thu)23:59

普通にVJ21Γやウルフの純正部品数で取り寄せ出来ますよ
確か、刀250や、グースや、大体同じ年式辺りのスズキ車は同じキャリパーを採用している車種が多いです

一度ネットで画像を検索してみて下さい
きっと同じキャリパーが装着されていると思います

名前:akai (URL) 編集

2016/05/13(Fri)00:05

因みに某オークションにて
ブレーキ VJ21 にて検索してみたらシールのセットが出品されていましたよ

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ