Home  > ワンオフとその他 > 段取り

段取り

2014/10/25(Sat) 20:50

DSC_0008_20141025203402f7e.jpg

みなさんこんばんは、近頃ブログ更新をサボり気味のjp-akaiです

ここの更新を怠っていても、毎日アクセスしてくれている皆様には感謝感謝です
新しい何かが有れば迷わずおかず(ブログのネタ)にするのですが、残念な事に何度か記事にした事の有る事ばかりです

でも何も更新しないよりはええんちゃう?ってな具合で、久し振りに何かを作ってる所です
この機械はね、僕が最も信頼をおく頼りになる相棒です

CADで外形図を描いて、CAMでNCデータに変換してコイツにポンで凄まじい戦力を発揮してくれる、コマツ・ツイスター(NCプラズマ)




DSC_0010_20141025203403900.jpg


どんぐらいスゲーのかって?
こんぐらいスゲーんです!
これだけの数を人間の手作業で切り出そうとすると、相当な労力です
しかも人間の手作業で数が多いと途中で飽きてしまい、最後らへんは少し荒くなったりするだとか、しないとか?!
まぁ、このへんは個人の性格の問題も有りますね^^;俺が飽き性ってだけかもしんないし

でも優秀な代わりにいくつかの欠点も有ります
今現在ではレーザーのクリーンカットが当たり前の時代なのに対して、コイツはプラズマ切断なので、切断端面のドロスの処理に四苦八苦したり
Rの多い形状では仕方が無い物の、直線基調の形状でも無駄にロスする部分が多く出てしまう事です
今の世の中はNCやコンピュータ制御の優秀な機械が沢山有ります
今までは職人の技とカンで支えられた技術や伝統的な技術が無くても、その代わりコンピュータが得意な若い世代が職人を名乗る時代に変るんでしょうね
しかし60~80の爺さん達は心底スゲー!って職人さんが多かったです!
昔話を聞くと「元工兵のなんたらかんたら・・・・」だとかの昔話しには全く付いていけませんでしたが、尊敬するお師匠様達の世代の方々はみんなお星様になってしまいました
その、すげー!アナログ的技術の全てをみる事は出来ませんでしたが、それのほんの一部を見る事ができて、同じ時間を共に生きれた事は凄く勉強になった事と、また凄く幸せな時間だったと思います
しかし3Dプリンターなる物が普及してきている事だし、更にこのまま時代が進めば俺みたいな職人なんて不要の時代が来るのかな?
俺も40年後には「このジジィすげー!」って思われる職人になりたいなぁ



PS
お師匠様はよくこう言いました
「俺に仕事を教えてくれたおっさんは凄かったぞ!元工兵で、大ハンマーの棒が折れたら縄で縛ってそれを振り回してハンマーにしていた」
「わしなんて大した事無い、元工兵は凄かった」




いえいえ、竹川師匠
僕の中では貴方は神様的な存在でした
未だに貴方を超える鍛冶屋を見た事が有りません
jp-akai








スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(4trackback(0

2014/10/26(Sun)12:45

職人さんって特別な人たちですよね~
自分とこの業界にも職人?みたいな人が居てますが、まあ~元気、頑固(笑)

akaiさんはすでに職人ですよ~(≧▽≦)

ちなみに、スイングアームの補強部品制作中かな~

名前:南悪代官 (URL) 編集

2014/10/27(Mon)12:21

南悪代官様
職人て頑固者だったり、超ヘンコツだったりとバラエティに飛んでますよね(笑)
因みにお師匠様はウルトラへんこつ爺さんでした、怒ると半年は口をきいてこないのは当たり前で、無言の変わりにハンマーが飛んできました><

名前:akai (URL) 編集

2014/11/02(Sun)09:10

こんにちは。
3年前ライトカバー(ブルー)を付けてもらった四日市のKatohです。


今の時代、上司は「自分の技術は全部吐き出せ。そうすれば自分が楽になる。」とよく言います。
僕らの時代ってベテラン(職人)は全く仕事教えてはくれませんでしたよね。ベテランの仕事見ながら盗んで覚えて...な感じで。

時代は変わっていくんでしょうかね
^_^;

名前:Katoh (URL) 編集

2014/11/02(Sun)11:50

Katohさん
こんにちは
上司の方が言われた言葉には賛否両論が有ると思います
先ずKatohさんの言われるように、僕も「仕事は盗め、見て覚えろ」って言われて育った時代の職人です
振り返ってみれば、僕自身大した職人では無い物の、今が有るのは、自分が職人になりたいとの強い意志が有ったからこそ今まで来れたかな?と思います

今時の若い子って、教えてもらって当たり前みたいな感覚と言うか、給料がコレだけだから仕事もコレだけみたいな感覚が有ったり、17時になったら先輩が仕事をしていてもいつの間にか居ない(帰ってる)だとか、かなり感覚が違います
コレが時代の変化なのか、人間の質の変化なのかは僕には解りません

上手く言葉に表現が出来ませんが、上司の方が言われる事は、現代風の人材を育てる事だと思います

昔の世代は、育つ切欠を与えて、育つのを待つが正解だと思います

それと今の若い子に真剣に仕事を教え込んでも、少し出来るようになると勘違いして直ぐに辞めてしまう子が多かったりします、凄く残念です><
全員がそうだと言う意味じゃ有りませんがね

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ