Home  > 仕事 > ジブクレーン

ジブクレーン

2015/02/14(Sat) 22:35

1_201502142158262b7.jpg


みなさんマイドjp-akaiです
2月14日・本日はバレンタインデーですね
皆さんはチョコ何個もらいましたか?

え?!
・・・・・・・・

ごめん、こんな残酷な質問なんてするもんじゃないですよね。
Σえ、逆に俺っすか?!
ははははは
それは想像にお任せします


それはさて置き、自分で工場を構えてあちらこちらへと挨拶回りをすると必ず言われる事が有ります
「一人でやってるの?」
ええ、一人です
最初は気合さえ有れば一人でも何とかなるだろうと甘い事を考えていましたが
実際に仕事をやりだすと、営業に見積もり、さらに製作に外注周りと想像を超える大変さに翻弄される毎日です

それと何を作るにしても、材料に製作物はかなり重たいので気合で持ち上げる事なんて不可能


2_201502142158288f8.jpg

前にも書きましたがウチの工場にはクレーンが無いんですよ
今は何とかなっても、この先は絶対に仕事にならない
王手待ったなし状態です

このままではヤバイ
何とかせねば・・・・・
なんて話をしていたら知り合いの工場の人が「トンボの仕込みが転がってるから上げるわ」との事でコイツを頂きました

トンボとは何者?
呼び方には色々と有るのですが、ジブクレーンとも呼ばれています
頂いて文句は言えないのですがHは根元で切断されている





3_20150214215829551.jpg


そのほかの部品もどういう訳か寸法的の帳尻が有っていなくて使い物にならない



4_20150214215831bdc.jpg


だからガスで溶断して使えるように作り直す事にしました



5_201502142158322fd.jpg

SUSと違って鉄は切断が楽
豆腐のように切れる


6_20150214215917ecd.jpg

色々と頭の中が???だらけ
何でだろう
このボルトはコイツの部品のはずなのに何故か穴が小さくて通らないんだ


7_2015021421592987a.jpg

悩んでも仕方が無いからボール盤で開けなおす


8_2015021421593016d.jpg


コイツはメンドイ><
しかしHが無いのが幸いだ



9_20150214215931767.jpg


しかし短いHでは役に立たないので1本買った
コイツを後から溶接で繋ぐ事にする



10_20150214215932e71.jpg


それとね、Hの先端からネズミ(滑車)が脱落しては危険極まりない
脱落防止の金具を取り付ける為の穴を明けなければならない


11_20150214215945ab6.jpg


100Hを3000に切断しているとは言え重さは50kgを超える
ボール盤にセットするのも大変だし、アトラを段取りするのもメンドクサイ
こんな時に便利なのがパンチャーだ
コイツは電気で油圧ポンプを駆動して、紙に穴を開けるパンチみたく金属に穴を開ける機械です
でも結構重たいのが難儀です><


12_201502142159474ba.jpg


Σがビーン!
Hの内寸より僅かに機械が大きくて入らない
重たいのにショックだわ



13_20150214215948e61.jpg

でも俺は負けない
思い出したのが充電式の軽いパンチャーの存在
ジャストの時に現場用で買ったんだわ
オモチャみたいだけど結構ガッツが有る


14_20150214215949445.jpg

小さいから楽勝で入った


15_20150214215950020.jpg


ウィーン・ミキミキミキ・パチン!
お見事!

あかんとは言われたが、SUS304 t-6でもイケる
でもコールドは厳しいだろうな、ホット材のアングルではギリで打ち抜けた




16_20150214220002873.jpg


段取りも整ったので溶接の準備に取り掛かる



17_20150214220003c3e.jpg

仮止め完了
もはや最初の時の面影も無い
ココまでコンセプトが変るのならば、一から作った方が早くてキレイに出来たなと反省



18_201502142200058df.jpg



いつもはtig溶接ですが、コイツは半自動溶接機で着けます
半自動と言っても結局は全部手動ですよ
ただワイヤーが自動で出てくれて連続的に溶接が出来るだけ
条件を合わせるのが意外と難しい


19_201502142200069d8.jpg

溶接完了
やっぱ半自動楽だわ
スパッタさえ飛ばなきゃ最高なんだけどな




20_2015021422000755f.jpg


トンボ本体にワイヤーを張ってターンバックルで締める
取りあえずコレで完成かな?

21_201502142200262d1.jpg

このままつけるとサビサビで汚らしいから、サビ止めペイントを施す
用意したのはローバル

コイツはスプレーで手軽に塗れて亜鉛メッキ並の防錆力を持つ
しかも普通のサビ止めみたいに簡単にペリペリと剥がれないのが良い
このペイントの成分の大半が亜鉛なので密かにブルーイング処理が出来たりする



22_20150214220029a9e.jpg


定盤の上の簡易クレーンで吊ってぬりぬり


23_201502142200301f3.jpg


まだ濡れてるけど、乾くとザラッとした感じの白い肌になります





24_201502142200311d3.jpg

定盤の上が塗装ミストだらけ・・・・><
鉄は何かと汚れるから嫌いだ
折角サンダー掛けてスパッタをキレイにしたのに
やっぱ触るならSUSがいいね



スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(2trackback(0

2015/02/15(Sun)11:09

お久しぶりです。
akaiさんがSSを加工してる画像って今まで見た事ないので貴重です(^^)
僕らは半自動オンリーですが、最近エルナックスガスを使って溶接するラインを設置しました。スパッタは殆んど着かない優れ物です。

また新工場おじゃましますね^_^

名前:Katoh (URL) 編集

2015/02/19(Thu)03:02

Katoh さん
どーもでーす^^
鉄は滅多に触りませんが、一応普通に仕事出来ますよ
でもアークは苦手です
溶接中に煙で嫌になっちゃいます
それとスパッタが熱いので嫌いです><

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ