Home  > R1-Z > リハビリがてら

リハビリがてら

2015/04/13(Mon) 20:07

1_20150413195723d7b.jpg
みなさんコンちゃーす
手が痛いけどそんなん言ってられへんわ~
jp-akaiです

いっぱい励ましのお言葉あーざーす!

いや~
いくら焦っていても怪我しちゃどないもならん
教訓です

「なんや、またそのポンコかよ」
なんて声が聞こえるやら聞こえないやら?



2_201504131957252d5.jpg

まぁ、そんな事言わずに見て行ってください


この時は結構前で、まだ怪我して無い頃です
R1-Zのサイドカバーを外して風通しを良くしたくて色々と考えていた頃かな?


3_20150413195727acc.jpg
何しか2サイクルオイルを入れるタンクが邪魔だ
でもコイツを捨てるとなると無条件で混合仕様になる
しかしさすがにそれは困るので何とかしようと悩む

4_2015041319572856f.jpg

フェンダーレスと呼んで良いのは不明ですが、10年前位に作ったフェンダーレスです
コイツは純正のリアフェンダーをカットして、そこにボルト留めするように作ってます
今回はコイツとテールランプをそのまま使えるギリギリまで残して、不要な部分は豪快にカット
8割チョイはゴミとなった
R1-Zユーザーにしか解らないかも知れないが、残ったのは僅かコレだけ

5_20150413195729284.jpg

切りまくるのは簡単だけど後処理も考えなきゃならん

6_20150413195759d00.jpg

とにかくアッパッパーでは色々と具合が悪いので型を取る

※この後SUSの板でちゃんとした物を製作しました





7_20150413195801347.jpg


※ここからが最近と言うか怪我してからです



忙しくて時間が無くR1-Zをいじる事が出来ませんでした
怪我のお陰で仕事なんて出来ません
ひょっとしてコレって神様が俺に与えてくれた自由な時間じゃねーの?
幸か不幸は解りませんがこの時が、チャンスとばかりに
リアフェンダーとオイルタンクを撤去してスッキリさせたツケを清算をしようと思います♪






8_20150413195802612.jpg

この機械はちょっとした板を切るのに便利なコーナーシャーです
ジャストと言うか、おっさん(叔父)の形見です




9_201504131958043b4.jpg

切った板をホルソーにて穴を開けます

コイツはジャストの前身である大黒精機から受け継いでるボール盤です
今回独立して引き継いだ機械達には長い歴史が有ります
大黒精機・ジャストプランニング・JP-akai

ボール盤・旋盤・フライス・ 溶接機・定盤・他にもイッパイ
しかし大黒精機とは一番縁の無い俺が機械を引き継いだことになる
(俺はジャストプランニング時代の職人)
まぁ、コレも何かの縁なんだろうな
宜しくな田口さん、竹川師匠にも宜しく
オッサンもアッチで元気にしてるかな?
とりあえず俺は元気だ




10_201504131958057f1.jpg


コレはジャスト時代に簡易的にではあるが、何しか板を曲げたいので作った油圧ジャッキブレーキ
まさかこんなにガッツリ使う事になるとは・・・

11_201504131958461aa.jpg

やっぱジャッキで曲げると微妙な角度が出せない
ワザと少し過ぎるぐらいの角度で曲げて、叩いて伸ばして微調整する
俺は馬鹿だけど師匠に色々と教わった
因みに俺も相当キテるけど師匠はMAXでヘンコツだった
こんなん書いたら死んであの世で口聞いてくれへんやろな(笑)


12_20150413195848d50.jpg

パーツは揃った
因みに旋盤とフライスは独学
良いか悪いかは解らない
でも切れるんだからそれで良い





13_20150413195849476.jpg


仮止めにて干渉チェック
適当に作るのは簡単なんだけど、それが使える物かどうかはまた別問題である




14_20150413195851b7f.jpg


干渉も無いようなので溶接

15_20150413195853304.jpg

溶接焼けが残ってると不細工だ
コレがスパルタンと言う人も要る
うん、確かに
俺も他人の溶接ビートは凄く好きだ、でも自分の溶接ビートを見ると腹が立つ
なんでココでよがんでんねん!てね

16_20150413195917b88.jpg
でも焼け色を取ると案外見れたりする
誤魔化しかも知れないがショットで化粧をした


17_201504131959181bf.jpg

オイルレベルセンサーと、注入口キャップを取り付けた
問題なし
遊びが大きすぎるとオイル漏れの原因となる
でもクリアランスが狭すぎるとセンサーが入らない


18_2015041319592077b.jpg

で、コイツは機械をよく見る人ならばご存知のオイルレベル窓(工業用)


19_2015041319592122a.jpg


中身のレベルをどう確認しようか考えた
凝った事を考えるともっと他の方法も有る
しかしメンドクサイのも有るのだがシンプルに考えた

コレでええやん?



20_2015041319592385a.jpg

とりあえず組み付けていく



21_20150413195942827.jpg

ホースも繋いだし、いっちょオイルでも入れてみましょうか?♪


22_20150413195944ec6.jpg

あっはっははははははは
バイクの部品ぽく無いな(笑)
でもオイルが入ってるのが見えるとなんか嬉しくなる


23_201504131959465ec.jpg

R1-Zのフレームワークのシルエット
美しい
今はKAWASAKI党では有るが、正直な話昔からYAMAHAも好きだ

 うん、HONDAもSUZUKIも悪く無い

だって全部メイドインジャパンですから

でも思い入れが有るのはKAWASAKIとYAMAHAかな

初めて乗ったバイクがチャンプRSだし
ZRXかっこ良過ぎるし





24_201504131959477cc.jpg

イス着けた
わりと干渉ギリギリのサイズ
これでもシートのセンサーや入れ口付近を少し削らなきゃならない


25_20150413195949308.jpg


シートカウルも無事に取付できた



26_201504132000067d0.jpg

これこれ
このスカスカ感

まだフレームに邪魔なステーが付いてるけど全部切ってやる




27_20150413200007f4d.jpg

賛否は有ると思う
でも俺はこのフレームの美しさを強調したかったんだ
たかがサイドカバーかもしれない
でも有ると無いではフレームのパイプワークの美しさの見え方にかなりの差がある
フレームの色がもしも黄色や赤と違う色ならばもっと際立つかも知れない




28_20150413200009cba.jpg


しつこいけれど、このオイルが入ってるのが見えると少しニンマリとしてしまう
変体かもしれん・・・

29_20150413200010238.jpg



おまけ


空力特性向上の為にビキニカウルを着けました


では
jp-akai





※遮光面です

スポンサーサイト

Category:R1-Z

comment(1trackback(0

2015/04/23(Thu)23:26

右手

名前:pちゃん (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ