Home  > ワンオフとその他 > リザーブタンクステー

リザーブタンクステー

2016/05/12(Thu) 21:45

2_2016051221083708e.jpg


みなさんこんばんは、jp-akaiです
GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
わたくしは前半に遊園地に行ったものの、後半はダラダラと言いましょうか、長年連休の無い人生を送っていたのに突然休めと言われましても・・・・状態で
無駄にGWを過ごしました



3_20160512210838c4c.jpg
それはそうといきなり何の画像じゃい?
これは俺のDAEGに装着するメッサかっこいいゲイルスピードのマスターシリンダーです
でもね、コイツは素でもカッコイイんだけど残念な事に足りない要素が御座います
仕方がないと言えばその通り
車種別専用設計の美しいステーが無い


いや、ひょっとしたら今は売ってるかも知れないけど自分好みかどうかは別問題
良くあるアルミの板を曲げたような汎用ステーが大半なのかな?
色々な車種に対応するにはアレはアレで間違いでは無いのだが、やっぱ専用設計にデザインされた方がスッキリと収まるはず

俺の場合は、たまたま少しぐらいなら自由に金属加工が出来るので好き勝手なデザインにてリザーブステーを作る事が出来たのでラッキーなのかも知れない



4_201605122108405fd.jpg

様々な概念の元に左右対称か?いや、意表をついて左右非対称?
色々考えたけれども、たどり着いたのはシンメトリー
取り合えずグリップヒーターのスイッチはココから動かす気は無いのでスレスレのラインを狙う


5_20160512210841174.jpg

他にも色々な形状を考えたけど無駄に凝るとゴテゴテしてパッとしないんだ

シンプルに美しく
でも他には無い、見る人が見れば「何これ?!」
そんなパーツが大好物
それなりに考え形がコレだ

1_20160512210835a98.jpg


正直な話バイクのカスタムって完全にオナニーの世界だと思うんだ
他人云々もあると思います
でも最終的に自分が気持ち良かったらソレでええねん

そのマニアックなオナニーの世界と言うか、あえて Made in jp-akaiを御氏名頂有難う御座います


6_20160512210905d79.jpg


完成品を見ると「ただのステーやん」って感じなんですが、実はわりかし手間の掛かった一品だったりします



7_20160512210906ccd.jpg

材質はSUS304
ステンレスでも高級な部類に属するマテリアルです



8_20160512210908cea.jpg
9_20160512210909a37.jpg
まぁ、こんな感じで取付部分を削り出します



10_20160512210911b6a.jpg
次はリザーブタンクを固定する部分


11_20160512210930ad8.jpg

下穴空けてー

12_20160512210932aa7.jpg
タップを切る


13_201605122109335d5.jpg

切断して完成

14_20160512210935997.jpg

って、訳でも無く切断端面をキレイに仕上げる



15_201605122109364dc.jpg

更に角度を付けて削っていく



16_2016051221095228d.jpg


このステーは、ボルトもデザインの一部



17_20160512210953ed8.jpg

加工後のコニカルヘッド



18_20160512210955a0f.jpg

加工した部品を溶接前に下ミガキでピカピカにしておきます


19_201605122109564ca.jpg

これで機械加工は終わり
コレだけでも結構な時間が掛かってるんだぜ?




20_20160512210958f67.jpg

で、コレが曲げの図面と言うか絵

一番最初のCADの絵ではシンプルなんだけど、実はコイツはあらゆる方向の角度に曲げたり捻ったりの三次元形状なんだ
そもそもソレを2次元で表現するのに無理が有る



21_20160512211010efe.jpg


大きな角パイプを利用して一箇所ずつ焼いて曲げていく


22_2016051221101205a.jpg


掴み変えたり角度を変えたり
途中で「どの角度だっけ?」と、頭がラリって来る




23_2016051221101376b.jpg

多分コレであってると思う


24_20160512211015f38.jpg


磨きやすいうちに下磨き



25_20160512211016400.jpg

溶接ジグのお出まし
普通は1つぐらいならジグを作るのが面倒なので気合で何とかするんだけど、コイツは本気で位置決めが困難なので溶接ジグを作ったんだ
まさかまた作るとは思って居なかったんだけど残していて良かった




26_20160512211029513.jpg


うん、こんな感じ
曲げの具合で微妙に長さが変化してしまうので擦り合せは慎重に

ちゅーか、切り捨ててる方が多いねんけどなぁ・・・・
焼いて曲げる時に短いとヤケドするねん><


27_20160512211031b0c.jpg


無事に左右の溶接完了






28_201605122110324e4.jpg


でもなんか内に入って角度が変?・・・・

29_2016051221103457a.jpg


と、言いたい所なのですが
ステアリングバーって絞り角が有るでしょ?

そのステアリング絞り角が付いて初めて、先の部分が進行方向に対して真っ直ぐと伸びる形状なのです




30_2016051221103579f.jpg

ウンチクはともかく最終仕上げです
溶接の焼けなどを再び丁寧に磨き上げます




31_2016051221104831a.jpg

ピカピカになって完成
ちゃんと取付ボルトもお付けしますのでご安心を

スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ