FC2ブログ
Home  > 仕事 > 俺の旋盤

俺の旋盤

2016/06/02(Thu) 21:38

1_20160602203305a25.jpg

新しく俺の相棒になった大隈旋盤
前の大隈旋盤は俺よりもはるかに年上のお爺ちゃんだったけど、コイツは俺よりも2年ほど年式が新しい77製

基本操作はほとんど同じなんだけど、年式が新しい分あちこち進化して使いやすくなっていたり、逆に前の方がよかったなぁって思う事があります


2_20160602203306481.jpg

中でも致命的なのがこの部分
精度的にはバッチリなんで申し分ないんだけど問題なのが直径が小さいんだわ・・・・・
古い大隈旋盤に着いてたのは10インチ
対するコイツは8インチ
たった2インチの差なんだけどイザという時に役に立たない
それと今まで掴めて加工できた物が加工できなくなるのは腹が立つ


4_201606022033102a2.jpg

旋盤のチャックにも規格が有り、色々なメーカーやサイズに交換が出来るようになっている
前に使っていた同じメーカーとサイズのチャックを買った
キタガワの10インチ、しかも新品
何気に買ってるが20万円オーバー><
中古で探すのも有りかも知れんが、旋盤加工の命とも言えるのがチャックの精度
せっかくバシッと精度が出る旋盤なんだからチャックの金をケッチってはいかんでしょ



3_20160602203308891.jpg

早速8インチを外す
取り付け部分は色々なPCDがうってある

6_201606022033108ce.jpg

クソ重たい・・・・
一人で交換すると腰をいわす

7_20160602203321610.jpg

やっぱ10インチやで~♪

旋盤は大隈
チャックは北川10インチ
俺の中では、このコンビ以外は絶対に有りえない

ちなみに付いてた8インチも北川だけどね


8_201606022033226f8.jpg

8インチチャックの直径
何センチか大きいのは余白かな?


9_20160602203324833.jpg

こちらが10インチ
たった40mmの差かも知れないのだが、この差はすごく大きいんだ

それと8インチと書いたが40mmの差となると、ひょっとすると8.5インチかなぁ?
よく解らん


チャックが新品でウキウキのはずなんだけど地獄のどん底に落ちた瞬間でも有る・・・><
今回の10インチは旋盤に直付けなんだけど、以前の古い大隈に付いていた10インチはフランジ取り付けタイプ

何が違うのかと言うと物凄くマニアックでコアな話になるし、解る人が少ないと思うので書かない事にする
でも決定的に違うと言うか不便なのが正面から見える穴がすごく小さいんだ

フランジタイプのヤツはこの正面の穴が2周り以上大きかったから、ソコソコの径なら奥まで突っ込む事が出来た
それだけじゃ無い、正面の穴が大きかったおかげで、この正面から突っ込むタイプの当たりジグを多数作っていたのが全て使えなくなってしまった><



10_201606022033253f2.jpg


今の状況のままで数物が出ると非常に苦労する事になる
何とかせねば・・・・・

前までは正面の穴が大きいので出来た事が一切出来ない
ならば正攻法として後ろから調整出来る当たりジグを作ってやろうと思う



11_20160602203327d29.jpg

材質:SUS304

またソレかって?
コレしか無いんやがな
ちゅーか鉄嫌いやねん




12_20160602203344db9.jpg

ジグに304とは勿体ない話なんだけど
コイツは何かのスクラップ材なのでどのみち製品に使う事は出来ないからいいや
でも表面を一皮めくるとピカピカです


13_20160602203346770.jpg


後ろの部分にネジが切ってあるのでピッチを調べる
なんの為のネジかは解らないけど、多分こんな感じでアタッチメントを取り付ける為の物かな?
なかなか親切やん

14_20160602203347ab7.jpg

調べたピッチと同じネジを切る
旋盤に取り付ける部品を旋盤で作る
普通の事だけど何となく笑える


15_20160602203349d52.jpg

手締めでも滑らないようにローレットも切っとく


16_201606022033505e1.jpg

切断して反対側も仕上げる
奥にはM16のタップを貫通させている


17_201606022034035ae.jpg

でけた!
SUSはズッシリと重たい
でもこの重みが好きなんだなぁ


18_20160602203404427.jpg

部品と言うほどの物では無いが、M16の寸切(やはり304)を通して、先端の暴れ防止の為の円盤も取り付ける


19_20160602203406dbc.jpg

で、どないするのかと言いますと


20_2016060220340707a.jpg

コイツをケツからぶっすりと・・・


21_20160602203408f04.jpg

後はねじ込むと完成♪


22_201606022034182c6.jpg


正面から見るとこんな感じで寸切が突き出している
この寸切の長さで当たり調整をして寸法を決めておくと、数が沢山有る時に威力を発揮する
センターにこれより大きな穴が開いている品物の場合には、また先端のアタッチメントを作ればよい




23_20160602203419459.jpg

これで一つ作業効率が上がった




スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(3trackback(0

2016/06/04(Sat)20:08

39年前の機械が現役バリバリって、やっぱしメイドインジャパンやからやね!
ほんで、北川鉄工所ってプラントメーカーやと思ってたら そんなとこにまで~(笑)

名前:南悪代官 (URL) 編集

2016/06/05(Sun)12:46

悪代官さま
昔の日本の工作機械は本当に頑丈で良い物が多くて、おかげで一度買うとなかなか潰れないので、先にメーカーが潰れちゃったとか…

北川ですが、僕は守クロースチャックやその他のバイスしか知らなかったです
プラントもやってるんですね

名前:akai (URL) 編集

2016/06/05(Sun)12:48

スクロールチャックの間違いです

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ