Home  > 仕事 > 位置決めのジグ

位置決めのジグ

2016/08/20(Sat) 19:18

1_201608201826185d6.jpg



皆さま
お世話になりますjp-akaiです

クソ暑い
いや、スッゲー蒸し暑い
日本の夏は亜熱帯ですな
早く秋になってほしいです


それはともかくややこい仕事
守秘義務なんちゃら有るので部分的にしか写せませんが、SUSのφ3にてピッチ50の格子を作れとの事
まぁ、当然の事のようにフラットで
要するに縦横の棒を重ねたらアカン

言葉では簡単だけどめっさ大変と言うか手間仕事

うーむ、どないしよ
これだけじゃないんだけど、その他の収まりと言うか仕上もなかなかハイレベルな要求
そんなん匠の世界ですやん・・・・俺を誰や思てますん・・・・><
少々仕事も込み合っているし、断ろうかな?なぁ~んて思っていたんだけど
そうは問屋が卸さねぇ!
O部長直々に頼まれたもんだからもう(笑・・・

まぁ、作れない事は無い
てか普通に作れるはずなんだけど
ただ罠と言うか、詰め将棋の如く何手も先を読んで仕事と段取りをしないとドえらい目に合う
と言うか何度も地雷を踏んでる
おれプレッシャーに弱いのよね あははは。。(笑)



2_20160820182621e7d.jpg


だらだらした話はさておき
とりあえずメンドくさそうで、そのクセしてパっと目に飛び込む部分なので仕上がりの美観で全体の印象すら左右される格子

溶接すりゃどーせ歪んで曲がるだろうが、仮溶接の段階で通りが狂ってたら更に良い仕上がりなんて期待出来ないわな

で、考えた

ジグ作ればええやん

発想は単純で誰でも思いつくだろう
でもバシっとしたジグを作るのって大変で手間がかかる
まして一個の為にそこまで情熱を注げるのか?

あー、だるい・・・・

今まではそう考えたかも知れない
でもマニングで遊びたいからヤっちゃう
いや、マシニングが有るからヤル気になったのかも知れん


3_20160820182622f3d.jpg



Gコード手打ち
カンニングペーパーと言うか、先ほどのGコードの紙は自分で書いてる
今はまだ一度全部のコードを書いて全体を見ながらじゃないと打ち込みを間違う
まだまだ勉強が足らん
早くCAMほっすぃー!


4_20160820182623e1b.jpg


材質アルミ
バイスにセットしてワーク原点と高さを測定

5_20160820182625040.jpg


ぶっちゃけXYは座標登録してるけどZだけは毎回測定せなあかん
機械は融通が利かないので、小数点1つ打ち間違えると、とんでもない事になる
ま、当たり前か・・・
ワークがぶっ飛ぶぐらい笑い話だけど、機械を壊すと笑いにならない



6_20160820182636a7c.jpg


細かく書くと長くなるからザックリの話だけど
プログラムを実行する時に一つ一つのコマンドで止まるようにして、なおかつプログラムが正しいか確信出来るまでは刃物を下ろさない


7_201608201826382f5.jpg


一つ上の画像の話だけど、刃物とワークは5mm離れてる

この画面で残り移動量と方向を確認しながら一つずつプログラムを進める



8_20160820182639817.jpg

一通りのプログラムを終えて、間違いが無い事を確信して初めて削る
俺はまだ手探りしながらコイツを使ってるので結構時間を消費する

なんせ大切なオモチャだから潰したくない


9_201608201826410c6.jpg


無事に作業完了

正直な話
これぐらいはマシニングを使わなくても汎用フライスで十分イケるし、今の腕ではソッチの方が早かったかも知れない
しかし無駄に時間を掛けてでも自分の経験値を上げて行かなければ今後の未来は無い

ま、時間が掛かった分は上乗せして請求するし(爆)       (冗談です><



10_20160820182642431.jpg


同じ色なのでわかり辛いけど、こんな感じで格子の間隔を決めてみようと思います



O部長
待ってくれてありがとうね
jp-akai










スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:仕事

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ