Home  > ダエグ > オカルト商品?

オカルト商品?

2009/12/18(Fri) 21:56

和光テクニカル
皆さん、和光テクニカルって会社を知っていますか?
それはミウラのZボイラーの如く「知ってる人は知ってるけれど、知らない人は憶えてね」って、感じかどうかは
置いといて、知ってる人は知ってるかも知れません
ここの会社は面白いケミカルを多数商品化しております

液化チタン・・・・?
今回本ブログで取り上げたいのは[チタンコートTi-501]です
ホームセンターからオートバックスで様々なオイル添加剤が販売されております
中には深夜のCMでおなじみ(?)の氷付けエンジンを一発始動させる怪しい物や
やたら滅多に高額なモノまで様々ですね
今回のブツはアノ高価な金属チタンを液化させたと言う超怪しい歌い文句のオイル添加剤です!

金属で有るチタンをどうやって液体にするのだろうか・・・?
難しいバケ学的な理屈は一切知りません!
「つーか、それ効くの?」なんて疑問が出てくると思いますが、はっきり言って効果有ります!
この不思議な液体で、どーやって金属表面にチタンコーティング出来るのか?なんて考え出すとキリが無いのですが
昔に乗っていたZ32にも使った事が有ります
先に言った通り効果は有りました!シャシダイとかでチェックとかはしてないですがエンジンレスポンスが軽くなりました(ような気がした)
因みに170mlで¥6.500です!高い!
世の中には色々なチタンコーティングされたモノが有りますが、殆どは刃物な様な気がします
それをエンジン内部に・・・・
いや~、シビレますね~!実は私、添加剤大好き人間です!
色々な物を試しましたがコイツ程効果を体感した物って他に無いですわ
だからコイツをダエグのエンジンにぶち込みたいのですが勇気が無い!
乾式クラッチなら迷わずGO!なんですが湿式クラッチにどの様な影響を及ぼすのか・・・・?
そう考えると恐ろしいです、もしも本気でコーティング膜が出来るのならオイル交換しても暫くはヤバイんじゃ無かろうか?
でも使いたくてウズウズしてます!><

それと写真は撮って無いですが、和光テクニカルには[液化フッ素]なるコレマまた怪しい魅惑の商品も有ります!
フッ素を液化とな?!

和光テクニカル恐るべし・・・・
俺は完全にノックアウトだぜ(笑)

因みにコレも使った事が有ります
でも効果は良くなった気がするって感じでした
俺の中では液化チタンが最強の添加剤だ・・・
使いたい・・・・でも怖い・・・・

コレを添加すれば17PSは馬力アップするだろう  うふふふふふ~(それは無いが)
和光テクニカルさん、宣伝が上手ならコレもっと売れたと思いますよ?(今は販売していないらしいです?)
因みに俺は和光テクニカルの業者でも回し物でも無いですからね


追伸:液化チタンはまだ販売してます 液化フッ素が無いみたいです
スポンサーサイト

Category:ダエグ

comment(6trackback(0

2009/12/19(Sat)08:36

添加剤…怪しいけど、その文面を読んでたら魅力あるよなぁ~
でも以前ナノサイズの超微粒子の銀がどうたらこうたらの添加剤をW6に入れたら…エンジンオイルがいつの間にか白になっとった(笑)

名前:an (URL編集

2009/12/19(Sat)12:52

昔聞いたことある様な会社だなと思っていたら、C.D.Iで有名な会社でしたよ!
20数年前のチューニングカーの点火系に付けるC.D.Iで、ワコーかコーエイかというくらい有名なメーカーでした。
この頃のエンジンは、点火系の性能が悪かったので、必須のパーツでした。

名前:Nikkor (URL) 編集

2009/12/19(Sat)21:47

その会社は近くに本社があるんですがCDIでは有名です。和光ケミカルがオイル系で有名ですね(^^)いやー怪しくない会社です(^^)物は分かりませんが、良いのでと思います(^^)

名前:hiro (URL) 編集

2009/12/20(Sun)00:21

是非、いっちゃってください!!

この添加剤と、AZステッカーで
30PSアップは確実でしょう!!(猛爆!!)

名前:ごう (URL) 編集

2009/12/20(Sun)20:00

こんばんは
家のPCがブッ壊れてしまいました><

PCが直る添加剤が有ればいいのにっ!

名前:akai (URL) 編集

2009/12/21(Mon)22:08

さすがにDAEGに使うには勇気が要りますね。
でもakaiさんならやってくれそう!(笑)
インプレ楽しみにしてますヨ~!

名前:jimmy (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ