Home  > ダエグ > ゴールは存在せぬ

ゴールは存在せぬ

2016/10/21(Fri) 21:33

1_201610212034200c0.jpg

みなさんマイド!
リアルタイムjp-akaiです

なんやなんや・・・

なんで突然バイクのホイールやねん
いま帰ろうと思ったのに、工場の店先に店を開くヤカラが・・



2_20161021203423b85.jpg


犯人はタケシ

油断してた

もうええわ、好きにしておくれ
このブログを更新する貴重な時間を与えてくれてありがとう


3_20161021203424a0f.jpg

話を本題に移します

なんやらかんやらでダウンチューブ補強バー(長いな・・・)もバージョン3まで進化した
進化と言えばカッコいいんだけど、色々な仕様・色々な形状のエキパイが登場して補強バー本体と干渉する事案が発生してきた

現在最終形態で有ろうと思われたver.3
以前のバージョンではノジマさん所のエキパイにどうしても対応できなかったので、従来の丸では無く
思い切って楕円パイプに変更して扁平薄型に、更にエンジン側へ取り付け位置を寄せるという大幅リメイクにてクリア





4_2016102120342551f.jpg

しかし今度はそれでも対応出来ない
何時かは直面するだろうと予想をしていた現実に直面
(画像は加工時の失敗作)





クランプ本体がエキパイと干渉する

少しの干渉ならば削るなりで対応可能なんだけれど




5_2016102120342780d.jpg


今回フィッティング確認を頂いた情報によると、もしもクランプの厚みが7mmならイケる

うん、
物理的限界をあっさりと超えたな

何故かと言うと7mmの薄さでは矢印部分に存在するネジ穴が確保できない



6_201610212034431f0.jpg

どれだけ計算して擦り合わせても必要強度はおろか根本的にボルトが付かない
困ったね
諦めるのはめっちゃ簡単なんだけど、欲しいって言ってくれる人が要るのに簡単に無理ですって言いたくない

何とかクリアランス確保出来ないかなぁ・・・・









7_20161021203446094.jpg

考え方を90°変えてみた
ネジ穴を確保出来ないなら、ネジ穴を移動させる




8_201610212034460d5.jpg

右が従来形状のクランプ
左がダウンチューブとのクリアランスを確保した新しいクランプ




9_201610212034487ea.jpg

二つを重ねる
赤色が従来型
これなら要求された7mmの壁をクリアできる



10_201610212034496be.jpg

でも今までの冶具が全く使えないのよね

今回の依頼は特殊なのでほぼワンオフにておしまいかな?
冶具どうしよう・・・
補強バーver.3&クランプver.2・・・・
考えるとややこしいからこれは特殊な場合にしかこれは作らない事にしようと思う
でも取付クリアランスが無い場合には相談してくださいね
時間は掛かりますが、可能と判断した場合にはこんな感じにて別作します






スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ