Home  > ダエグ > 取替え

取替え

2010/01/09(Sat) 19:43


今日は午前中に少しだけ真面目に仕事をして、昼からは仕事をしているフリをしながら(ばれてますが)ダエグのパーツを機械加工してました

2 直菅
夕方16時頃になり、とりあえず補強バーを交換しようと思い立ち即座に実行
先ずはエキパイを外す段取りでサイレンサーを外してみた所、衝動が走った・・・・
エンジンを掛けてみたい・・・
おもむろにキーをONにしてセルを回す・・・・キュキュ・・ボーーーン!ガロガロガロガロ!
速攻でエンジンOFF!
大した音ではないけれど近所から苦情が来るレベルの音量ですね
サイレンサーは偉大です!


3 外す
そうこうしながらエキパイを外していた時に商社の人がやってきた
お客さん「akaiさん、何してるんですか?」
俺「仕事です」
そうキッパリと答えた
間違いでは無い俺の中では仕事なんだ、お客さんは薄く微笑みながら二階の事務所に上がって行った


4 エキパイ
実際はココまで分解しなくとも付けれるのですが、作業中にスパナやレンチなどでアチコチ傷を付けたくないので外します、ノーマルのエキゾーストならばクリアランスが大きいので外す事なく作業出来ます

5 プロトタイプちゃんご苦労さまでした
プロトタイプちゃん、約半年間ご苦労さまでした (試作品に敬意をはらいつつ格好良く呼ぶ)
短期間ですがこの試作品には色々な思い出が詰まっています
フロントの剛性が弱い事に気が付きそれを何とかしたい・・・出来れば大掛かりな作業を避けつつ何時でも簡単にノーマルに戻せるようにしたい、溶接などすると歪みが来るしフレームの全塗装をしなきゃ格好悪い
またフレーム内部の錆止め処理をしなければ見えない内部から腐食が来てしまう
溶接自体は簡単なのですが別の事で色々と手間とコストが掛かるので今回はボツ
その結果こうなりました
それと琵琶湖ミーティング もしあの時に参加していなければ今のようにオリジナルパーツをリリースしていなかったと思います AZの皆さんには本当に感謝しています
まぁ名も無き一人の職人でブランド力も無く、宣伝力も無いので数は出ないでしょうが・・・
でも会社名は少しぐらい知名度が上がってくれたかな?グーグルでダウンチューブ補強バーと検索したらウチの会社が出てくれるようになったし、これだけでも収穫有りです





6 取り付け
さてさて、先ずはクランプを任意の位置に仮止めします

7 取り付け
次に補強バーを取り付けて、角度などを確認しつつ平均的に全体を増し締めするように固定していきます
注意点は方締めをしないこと!特にクランプの締め付けはクランプ左右の隙間が均等になるように締めて下さい
クランプを取り付けた時の見た目を重視していますのでクランプの取り付け面の隙間が0.5ずつになるように設定しています(00にはなりません)
ひょっとすると固定して1mmずつ位のクリア設定にすれば解りやすいのかもしれませんが、隙間が大きいと美しく無い!そんな理由で締め付けると0.5mmのクリア設定にしています(多少方締めしても問題は無いですが念の為)

8 ブラケット

補強バーを手にして頂いた方には見慣れぬ突起物が付いていますが、ここにサブフレームを取り付けるブラケットを取り付けます
(でもサブフレームはまだ製作していません)
9 左側
車両左側はこんな感じでサブフレームの取り付けをします
取り付けパーツと車両フレームの間のポスト(スペーサー)だけはチタンです
前にチタンで製品を製作した時に少しだけ余っていたのを大事に持っていました
出来るならば全てチタンで作りたい・・・SUS材もずいぶんと高いですが、チタンは更に上の上を行く金額です!
世の中にもっとチタンが流通するようになれば規格材が増えて値段もマシになるのでしょうが、まだまだ先の話になりそうです・・・でもチタンは軽いし丈夫ですね、腐食にも強いし
でもアルミと比べるとそんなには軽くないです(SUSよりはかなり軽い)

10  ・・・・
取り付け作業が終わり二階の事務所に上がると大変な事に・・・・
何これ?事務所の一角が怪しい緑の粉末だらけに・・・・
たしか社長と商社の人が事務所で何かテストするとか言っていたがコレか・・・
写真では可愛く散らかっているように見えますが、実際は全く可愛く無い散らかりようです!

しかも散らかすだけ散らかして社長達の姿が無い
放置して逃走したようだ・・・
俺も見なかった事にして帰ろう・・・・
週明けに事務の人が見たらきっと倒れるだろうな

スポンサーサイト

テーマ:バイク ジャンル:車・バイク

Category:ダエグ

comment(10trackback(0

2010/01/09(Sat)20:05

akaiさんは、磨き出したSUS派ですね!
何となく判ります。
硬く、冷たい感じの素材感ですかね!

名前:Nikkor (URL) 編集

2010/01/09(Sat)21:14

akaiさん、
これは、DAEG乗りにとって
崇高な仕事ですね!!

そろそろ、パーツにJPのロゴを
刻印してみては?

名前:ごう (URL) 編集

2010/01/09(Sat)21:37

Nikkor さん
そーなんですよ
磨いた時の素材自体の美しさと強度と対腐食性を持つ素材はSUS以外に無いんですよ
チタンはべラボーに高いし研磨しても余り美しくない・・・

でも製作したほとんどが黒塗装だったのは予想外でした
今、オーダー頂いているのも黒塗装です(苦)
研磨仕様は現在、僕とanさんのだけです

名前:akai (URL) 編集

2010/01/09(Sat)21:40

ごうさん

ですね
会社ブランドネームを入れたいですね~
とりあえずマジックで「じぇ~ぴー」と書いておこうかな?(笑)

名前:akai (URL) 編集

2010/01/09(Sat)22:45

ほうー次々にワンオフ出てきますね、期待して待ちますね(^^)
SUSの光り輝く方も綺麗ですね(^^)黒は渋くお気に入りですよ(^^)そろそろ、削りでのJPを入れてみるのも良いのではないでしょうか(^^)

名前:hiro (URL) 編集

2010/01/11(Mon)01:07

今度はサブフレームですね。
私も早くJPのパーツを付けられるレベルにならなくては!
DAEGのお仕事頑張ってくださいネ!

名前:jimmy (URL) 編集

2010/01/12(Tue)01:06

jimmyさん
そんなに気合が要るパーツじゃないですよ
軽く流すぐらいでもシャキっとします

名前:akai (URL) 編集

Re: タイトルなし

2010/01/12(Tue)01:09

> hiroさん
> 確かに黒も渋いですね
> 塗装しているけれど実はSUS・・・玄人好みかもしれません

名前:akai (URL) 編集

2010/01/12(Tue)06:38

ピカピカに交換ですね!いつも丁寧に作業されてますね。
サブフレームの準備も着々と進んでおり楽しみですね。
ところで、古いバーはどうするんですか~???

名前:yoisa (URL) 編集

2010/01/15(Fri)12:56

サ!サブフレーム!??

興味 有り有り ですよ!

楽しみにしています!

名前:目玉おやじ (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ