FC2ブログ
Home  > バイク色々 > 恐怖の再来

恐怖の再来

2018/11/27(Tue) 19:01

1_20181127174136a78.jpg
みなさんこんばんは
11月のブログに滑り込みセーフ!
毎月最低1回は更新するのがポリシーでしたが、今年の6月だったかな?
忙しさのあまりに初めて更新できない事が有りました
今思えばがんばって更新すりゃ良かったなぁ・・・などと後悔しております



2_20181127174137705.jpg

今日の話題は、コイツです
ウチに下品なスクーターばっかり持ち込んで来るタケシと、今回のオカズとなるフォルツァです



3_201811271741388d0.jpg

すでにローダウンまでカスタムしていますね
なにやらここからはTKコンセプト(タケシの店)色に味付けを施していくらしいです


タケシ曰く
「マフラーを市販品に交換するのは、誰でもやっている
そんなカスタムは面白く無い
自分は、コイツにこのサイレンサーをぶっこんでやりたいんですよ!」

現行のCBR250RR(二気筒のやつ)の純正マフラーだそうです






4_20181127174139fa4.jpg


なるほど~
ヨシ〇ラやら〇ートのサイレンサーを流用して纏めている車両はよく目にするが
あえて純正マフラーをコンバートして見せる(魅せる)ってのは、なかなか着眼点が良いと思う
ぶっちゃけ俺も純正パーツの流用でシックにしっとりとしたカスタムをするのが大好きです



5_20181127174140409.jpg

でも、一つ言うてええか?
それ、誰がやるん?????・・・・><

エキパイ作るって、そんなに簡単とちゃうねんで?
どないやってきれいにパイプを曲げろと?
(エビ管はメンドイから嫌)

タケシ曰く
「使えそうなエキパイ持って来たので、適当に上手く繋いでください」



ほぉ。。。。

言うねぇ~
しかし全部パイプの径が違いますやん







6_20181127174142754.jpg


根元から徐々に径が大きくなるメガホン構造!

と、言えば聞き映えが良いのだが。。。。。

たまたまこうなっただけ




7_20181127174143dbd.jpg


純正マフラーの差し込みジョイントを残したのでメンテ性は良好かもね?





8_201811271741453d0.jpg


マフラー作ったら(?)ステーも、もれなく付いてくる><

9_201811271741476bf.jpg

SUS304磨き仕様(高級)


10_201811271741483ab.jpg


すっかり夕方
日が落ちるのが早くなったね





14_20181127174154f94.jpg
なかなかカッコイイやん
最初についてたイカにもって感じのマフラーよりも100倍上品でシブイと思うわ


13_20181127174152b32.jpg

後ろからみても纏まってると思う
純正マフラーの流用だけど音もなかなか良い
うるさく無いんだけど、ノーマルのように静かでもない



12_20181127174151ad6.jpg

最終的には、これから全塗装で色が変わるらしいですが、このままでもカッコイイね


15_201811271741568af.jpg

これで終わった訳では無い
悪夢は続く



16_201811271741576e8.jpg


フォルツァにコイツを付けろって><
マジェのホイールらしい・・?



なんでやねん!なんでそんなんと交換すんねん!
いまのホイール(純正)と似たようなモンやんけ!
(嫌な予感しかしないので必死の抵抗)



タケシ曰く

違うんですよ
このホイールの方がリムに幅が有るので、太タイヤを履いた時にカッコイイんですよ




えー、マジかよ><





17_20181127174159aff.jpg

タケシ
「心配しないでください赤井さん
コイツは、ベアリングの打ち換えとスペーサーを作って、センターを合わせるだけなので」



18_20181127174200bd2.jpg



うそつき(´;ω;`)


ディスクのオフセット全然ちゃうやん




19_20181127174233444.jpg


そんなこんなでヒ〇イさんがやって来た

ウチの工場は、ゴキブリホイホイの如く入ったら最後
なかなか帰れませんよ~



22_201811271742350ee.jpg



結局更にホイールのシャフトの通る部分のボーリング゙に、ディスタンスカラーの製作・スペーサーの製作






おい、なんかキャリパー付かんぞ?
ブレーキディスクの外径がR5違う事に気が付き (Σ今更?!)旋盤加工



よし、今度こそ・・・・・


ガコン   ガコン   。。。。。。

なぁ、ディスクのボルトがフォークと干渉してないかい?

はぁ・・・・
気持ちを切り替えて今度は、フライスにてディスクボルトの収まる部分の座面をザグリ加工で追いこんで。。



流用チューンってお手軽に思われがちですが、既存のバイクに違うバイクの何かを付けるのって実は
大変だったり、予想以上に難しかったり
予期せぬトラブルに見舞われる事が有ります
付いてしまえば普通なんですけどね。。。



スポンサーサイト

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

2018/11/28(Wed)08:49

写真見る限り、完全にバイク屋さんですやん(笑)!!

名前:びーぱぱ (URL) 編集

2018/12/02(Sun)16:52

びーぱぱさん

違うけど否定はしません

名前:akai (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ