FC2ブログ
Home  > R1-Z > 数日間の作業風景の編集です

数日間の作業風景の編集です

2019/05/28(Tue) 21:58

1_201905281918573a7.jpg

みなさんこんちわ
6月を目前として猛暑日ってなんですかね?
通り魔やら煽り運転に、民衆に特攻する高齢者のプリウス
人間も相当イッてるけど、地球もかなりヤバイんじゃないかい?

世間話をすると長くなるので、ここでやめときます

暴走プリウスもだけど、地震とかも一度あると不思議と同じような事が続きますよね?

仕事も同じです

今回は、R1-Zに1KTスイングアームを移植する改造なのですが、ここ数週間で3件ほどの問い合わせが有りました

・・・・


なんで急に?

皆さん裏で打ち合わせでもしてますの?


その中で話が纏まった方の加工になります







2_201905281918597bd.jpg

送られてきたスイングアーム

とてもキレイに掃除をしてくれています
気持ちいいです

過去にはゴミの様にコテコテの物を送られた事が有ります
正直最悪ですね
梱包を開けてブツをみた瞬間 「これ、俺が掃除するの?ヤル気でねぇ・・・」
コレが正直な感想です

今回の様にこれだけキレイにして送って頂けるとヤル気が全く違います
がんばります ありがとうございます


それはそうと、最近この改造をやらなくなった理由です
実はコイツです・・


リンクプレートの付け根
コイツを見ると思い出すのです・・・



3_20190528191900258.jpg

務める会社が無くなり独立してがんばるぞい!
って時に、コイツを切断する時に、ウッカリとチップソーで右手の親指を落しかけたのです><


その時の傷がコレです
この怪我のおかげで、俺の大切な右手の親指の神経を失ってしまったのです><
一応付いてるからヨシとしますが、実は細かい作業が苦手になってしまい
M5やM6のネジを取り付ける事が困難になってしまいました
(M5以下は論外 絶対に無理)

皆さんも怪我には気を付けましょう!

余談ですが、親指の感覚神経が無くなるとポップコーンを上手に食べる事が出来なくなります

何故かって?

掴んでる感覚が無いので、摘まむと「パーン」と砕け散るのです
逆にやさしくするとポロポロと床にポップコーンを落して嫁に怒られるのです><

もう一度、普通においしくポップコーンとポテトチップスを食べたいです><






4_2019052819190186a.jpg


アルミってサンダーの砥石だとすぐに目詰まりして切れなくなるんですよ
本当はチップソーが勝負が早いのですが、上記の理由といいますか
未だにトラウマで二度とチップソーを使う事は無いでしょう


な、訳でセーバーソーで切ります
別名レシプロソー

レシプロソーと言えば、マニアックなAVが有りますね
加藤鷹もビックリのアクションなのですが、それが良いのか悪いのか?
嬢の本音は多分最悪でしょうね?

何の話か解らなくなってきたので次に進みます・・・




5_20190528191903521.jpg

ハンドツールではあんまキワキワまで攻めれません

要するに余白が残るのです





6_201905281919047a8.jpg

この憎き余白を精密にキワキワまで攻めるとなると機械に頼る事になります




7_20190528191906c3d.jpg


フライスでキワキワまでキレイに飛ばします




8_2019052819190816b.jpg


R1-Zに1KTスイングアームをそのまま付けると、色々と不具合が出ます
同じYAMAHAでも、もともと違うバイクの部品なんだから当然と言えば当然なんでしょうね






9_20190528191909135.jpg


先ず大きく違うのは、モノサスのリンクアームのレバー比
根本的に違うバイクの部品を別の何かにつけるのですから、上手くいった場合は、ラッキー♪
不具合が有るのは当然とも言えると思います





10_201905281919104dd.jpg


何がどうで、コイツをこうして・・・・
なんて野暮な事は書きません
要するにR1-Zに適合すればええねん




11_20190528191912282.jpg

何となく速攻出来た感が漂ってますが、実はそんな事無いですよ
色々と細かい部分で苦労してますが、1KTスイングアームをR1-Zに適合させる為の部品が完成しました






12_2019052819191350a.jpg

わりかし上手に出来てるでしょ?

コイツが無ければ、1KTスイングアームをR1-Zにコンバートして、まともに走れる後ろ足は作れません








13_20190528191915d5c.jpg


他にも色々と問題が有ります

最悪なのは、リアサスとスイングアームのスプリングが干渉してマトモに機能しないんですよ




14_201905281919170b3.jpg

なのでスプリングの逃げ加工を施します



15_20190528191918862.jpg


男らしく無骨にカットしても良いのですが、同じ取り付けるので有れば美しく取付をしたい
知らない人が見たら「あぁ、付くんだ」って、それでいいんです

でも、知っている人が見て「何これ?」って思われた時に「ニヤリ」となります





16_201905281919194bd.jpg


出来る限り自然に
そして当たり前に





17_20190528191921d14.jpg


でも普通に見えるって、わりかし難しいんですよ



18_20190528191922a24.jpg

サスの逃げ加工をして、そのままだとブサイク&強度的にも問題あり

今度は、その開口に適した形状の板で繋いで箱を成形しなおします



19_201905281919434d0.jpg


エンドミルで大まかに形状をカットして、細かい部分はリューターですり合わせをします






20_20190528191945e7e.jpg

大体こんなモンでしょ?



21_20190528191946d71.jpg


今回は、メンテスタンドフックを付けるタップボスも付けて欲しいとの依頼です


22_20190528191947fec.jpg

メンテスタンドのネジも様々
今回は、M8標準ピッチにての依頼


23_20190528191949257.jpg


丸をそのまま付けるとなると転がる
位置決めをし辛いのでDカットします

マシニングも大切だけれど、汎用フライスは汎用フライスですっごく大切です

ちょっとした加工の場合は、汎用の方が戦闘力が高いのです





24_20190528191951af4.jpg


溶接なのですが、母材の表面に不純物が付いていると溶接不良の原因になります





25_20190528191952387.jpg



アルマイト
ソレはアルミの腐食を守る大切な物
しかし、溶接をする場合は、そのアルマイトが不純物で有り
溶接の溶け込みの邪魔をしてしまいます

溶接の阻害をするアルマイトの除去はブラストを使います
しかし、ブラストはスプレーと同じで、アチコチに害を及ぼす事になるのでシッカリとマスキングを行います

26_201905281919538ca.jpg



最近出番の無いブラスターボックス
でも無いと困ります


27_20190528191955d10.jpg

ブラスト後

ホワホワホワホワ・・・・・

(粉塵)


最悪
コレが嫌やねん><







28_20190528191956ee4.jpg

ブラストの粉を除去してキレいに拭き上げる





29_20190528191958aed.jpg



今更だけど

あぁあん?

溶接するのにピボットベアリングのスリーブを抜こうとした時だ

抜けない所か、回転運動の動きも凄く渋い・・・・?

なんやコレ?




30_20190528191959a9c.jpg


何とか抜いた

しかし

シャフトに叩いた痕が有る(俺じゃ無い)

31_20190528192000e99.jpg

手持ちのスイングアームにてスリーブの動きを確かめる

ん~、叩いた痕が少し気になるが、普通に動くな。。。




32_2019052819200221e.jpg


画像じゃ解らないけれど、中のニードルが斜めに付いている???

なんやコレ?
こんなん有るん?
そう思えるぐらい見事に内部が変形している





33_20190528192004542.jpg


最悪やなコレ

依頼主さんに現状の報告と、経緯を確認
多分だけど、オークションか何かで手に入れたのでしょう
しかし、前の持ち主がベアリングの交換で失敗してそのまま黙って転売した物を購入してしまったようです・・

近頃のオークションは有る意味騙しあいですからね・・・


34_20190528192005159.jpg


俺もここまで作業してしまったし
ココで終わりは流石に悔しい

なので手持ちのスイングアームのベアリングを無傷で抜くジグを作る事にした


36_201905281920078d5.jpg


言葉では簡単なんですが、専用工具を無でここのベアリングを無傷で抜くって割と難しいんですよ


37_20190528192008a8d.jpg


出来たのがコイツ
上手くいってくれよ



38_201905281920328b2.jpg


ベアリングの外輪少し-寸法
ベアリングの内径から入るように加工




39_20190528192033806.jpg

反対から棒でコンコンと叩いて上手く抜けた




40_20190528192035bbd.jpg

なんやねんコレ?

ニードルベアリングってこんなんだっけか?

普通は垂直にニードルが入ってるやろ?


あたかも普通にこんなんですって感じでスパイラル状に変形してる
有る意味職人技の変形具合

どうすればこうなるねん????





41_20190528192036b06.jpg


抜いた反対側を見ると・・・・

なんか豪快にセンターがずれてないかい?

画像じゃ解り辛いけれど、スンゲー変心してセンターがズレてる





42_20190528192038d31.jpg


とにかく無傷でこのベアリングを抜いて現状を把握しようと思う



43_20190528192039786.jpg


定規を当ててスイングアームの状態を確認してみたけれど
本体は無事なように思える

前の持ち主がベアリングの交換を失敗してそのまま転売したんだろう
そう感じた





44_20190528192041fb1.jpg


新品では無いが、俺がストックするスイングアームのベアリングを抜いて、このスイングアームに使う事にする




45_20190528192042d6c.jpg

先ほど作った抜き取りジグのおかげで、無理せずすんなりとベアリングを抜くことが出来た




46_201905281920440b7.jpg

右が正常
左が今回のスイングアームに付いていた物

型番号は同じ


どうすればこうなるのか?






47.jpg


今度は正常なニードルベアリングを慎重に真っすぐに圧入

たいそうな書き方をしているが、特に難しい作業では無いですよ






48.jpg

なおった!


スイングアームに問題無し
バッチリです




49.jpg


思わぬ所に時間が掛ってしまいましたが
コレでやっと溶接が出来ます



50.jpg



溶接完了


51.jpg



上がノーマル形状

下が改造後

しれっと補強も入れてます







52.jpg


後は取付ボルトの加工です

既製品に丁度の寸法が無いんですよ

無けりゃ何とかしなきゃいけません




53.jpg


全長が長いのでコンターで斬ります





54.jpg



切りっぱなしは不細工なので旋盤で仕上げます


見えませんけどね。。。



56.jpg



スパナの部分を極力薄くしたい事と
ストレートの部分をもう少し稼ぎたい

そんな思いの加工




57.jpg


ターンバックルの部品は、前に数セット作っていた物が残っていたので今回はソレを使う



58.jpg



リンクプレート長
純正は110mm

この寸法を基準に約95mmまで短くする事が可能
要するにケツが上がる
正し、短くしてケツを上げると、レバー比が変わってリアの突き上げが強くなる傾向になる
それが好きって人には何も言わないけど、前後のバランスを見直さなきゃR1-Zのフレンドリーな乗り味がピーキー寄りになる






59.jpg



久しぶりなんで忘れかけてた事も有った


改造でしょ?って言われたらそれまでだけど
わりかし手間掛かってます



スポンサーサイト



テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:R1-Z

comment(1trackback(0

管理人のみ閲覧できます

2019/06/02(Sun)11:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ