FC2ブログ
Home

またハーレー

2019/04/23(Tue) 19:36

1_20190423183138d49.jpg

今更なので珍しくもなんともない日常的な出来事です

先の休日に、酒飲んで気持ちよくエアガンを触っていると隣のお客がやって来てこう言う


「隣から聞いてます?」


は、何の事すかね?みたいな???
何やらそのオーナーのハレーのマフラーを俺が加工する事になってるらしい??

え、全く知らないし聞いてない
それよりもそんな話勝手に決めないでちゃんと事務所を通してくれないかな?
みたいな


※事務所:ジョニーズ事務所(無い)


2_201904231831403d9.jpg



翌日隣のハレー屋さんに話を聞くと、このマフラーをカチ上げで付けて欲しいとの事
俺も仕事が忙しいんだけどなぁ、、、、

て、かそれぐらい自分で出来るでしょ?みたいな事を思った


3_2019042318314345a.jpg

そして手渡されたエキパイとなるベンド管
コイツを元のエキパイに差し込んで、抜き差しできるように作って欲しいとの事





4_2019042318314478e.jpg

なるほど
同径のコイツを差し込めるようにね♪




5_20190423183145722.jpg


入るかアホ!




6_201904231831461f4.jpg

俺を魔法使いか何かと勘違いしてないかい?
何で俺がやる事に話が進んだのか何となく悟った

とりあえず必要な部分をカット



7_20190423183147813.jpg

最終確認
ひょっとしたら入るかも?


やっぱ無理っすよね♪(涙目)
パイプを広げる冶具でも作るか・・・・?
って、時に有る人物を思い出した!

あの人確かええモン持ってたはず?!



8_201904231831495b9.jpg

仕事仲間なのか友達なのかよくわかりませんが、乗り物がとにかく変わってると言うのか
半分以上脳みそがイッてる間馬さんにパイプを広げる冶具を借りました





9_20190423183150f75.jpg

早速グイっと

・・・

なんかパイプをレ〇プしているようだ





10_2019042318315265a.jpg

完成

マフラー一本の為に冶具まで作るとなるとかなりの手間だったけれど、間馬さんのおかげで助かった

しかし何でこんなモノを持ってますの?
ちゃんと真面目に仕事してくださいよ(笑)




11_201904231831535b2.jpg

はいった♪

しかしこのままではカタカタとガタが大きい事と、固定が出来ないのでどうした物か?





12_2019042318315511c.jpg


二通りの選択議を思いつく
1・スプリングフック

ハーレにスプリングジョイント?・・・・うーん、悪くは無いけれど少し違う気がする


2・バンドで締め付ける

うん、大体のハーレーのマフラーってコレだから違和感なくてええんとちゃう?



しかし、バンドで締め付けるとなるとこのままでは締まらない

ココだけの話、細い超硬エンドミルを一本折りましたがバンドで締めれるように加工する


13_20190423183156b72.jpg

中世ヨーロッパの兜みたいになった

本心は、忙しい時に凄く面倒臭いことを頼まれて困ったちゃん状態なのですが、バイク自体が自分好みと言うのか
ハーレーは詳しくないんだけどこのバイクはカッコイと思う
だから見えない細かい部分かも知れないけれど仕上がりに気を遣う




14_2019042318315837a.jpg



だんだんと形が見えてきた
パーツパーツを溶接で繋いでいきます


15_20190423183159e2b.jpg

仕事もそうなんだけど、取付角度って凄く気を使います
だってバチってたら不細工ですもん

ただ困るのが腕が二本しかないので合わせるのがめっちゃ大変なんですよ





16_201904231832012c1.jpg


こんな感じで冶具を使ったり、デジタル角度計を使ったりして製作するのですが
溶接の歪と言うのか、引っ張りで予期せぬ方へ歪んでしまったりする事が有ります
大体「失敗したらアカン!」て時にかぎってヤラかしますね><


時間が無くて焦ると特に



17_20190423183203e8d.jpg

カワサキカラーの紐で角度調整しつつ仮止めはこんなモンかな?



18_20190423183204b32.jpg

それとここまでやったらマフラーステーも要るやろ?
流石にこんな不細工なステーでマフラー固定されたら俺泣くわ(´;ω;`)
ちゅーか、最初からやらん





19_20190423183245249.jpg



細かい詳細は省略します
いつも通りに旋盤で加工しました




20_20190423183247c03.jpg



コイツもSUS304
φ12丸棒

車体もデカイし、エンジンの振動も大きいので少し太めの材料をチョイス


21_20190423183249267.jpg


プレスで曲げてフィッティングの微調整



22_20190423183249b9c.jpg


現車で合わせるのがワンオフの利点ですが、デメリットはコストは高くなります



23_20190423183251510.jpg

ステーの溶接




24_20190423183252250.jpg

マフラー本体の溶接


26_20190423183254abf.jpg

ステーは304なのでバフでピカピカに磨きました
知らない人が見た時に、普通の売り物と思われるように仕上げます
ワンオフなのに「自作ですか?」って言われたら悲しいです


27_20190423183255105.jpg

センスの良いオーナーさんのバイクは特に気を使います
素直にこのハーレーはカッコイイ

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(2trackback(0

泥沼へとダイブ

2019/04/21(Sun) 18:36

1_20190421172917eeb.jpg
みなさんこんちわ
バイクに車にエアガン大好きjp-akaiです


このカテゴリーを作ろうかと悩みましたが、コレも自分が生きた証としてブログネタにしてみようかと思いました

元々チビの頃から鉄砲が大好きで、まだBB弾が世に存在しない時代で、オレンジや白色のてるてる坊主のような形状をした弾を飛ばすオモチャの頃から撃ち合いごっこをしていました

時代と言うのか技術の進歩は凄いですね

まだJACやアサヒファイヤーアームズが現役の頃に登場したマルイの電動ガン
覚えています
自分が中学生か、高校生の最初の頃です
当時は極悪カスタムが主流で、パワーと財力で物を言わせて弱者を狩るって感じの初心者が入りに辛い環境だったと思います

だって、ノーマルだと弾が届かないのに、極悪なカスタムをされたフルオートガンの前では歯が立たないような状況

こんな時代にマルイから世に送り出された電動ガンのFA-MAS
正直みんな馬鹿にしていました
この後なのかよく覚えていませんがM16A1もラインアップされたのですが、電動ガン特有のチュンチュンチュン・・・・
みたいな、今でこそ普通に思えるのですが、当時は情けなくも感じる独特の発射音

今でも覚えています
信太山の自衛隊の練習場に、(サバゲです)電動ガンを持ち込んで来た人が居たのを、みんなが馬鹿にしていた光景を

それから時が流れて数年後
俺が23~25のころかな?
仲の良い連れと、何気に寝屋川のムゲンに足を運んだのは?

詳しい話は省略しますが、この時既にJACは無くMGCも無い
アサヒも無い

え、なんやそれ?みたいな


中学生当時に馬鹿にしていたはずの電動ガンが今は主流・・・

ほんまかいな?

みたいな


その20代当時にカルチャーショックを受けながらも電動ガンのM16A2を購入しつつ、仲の良いツレ達と撃ち合いごっこをしていた懐かしい話



そして時は流れて2年前かな?


取引先の営業S氏が「akaiさん、サバゲしましょう!」との誘いが有り

当初は、「え、何言ってるんこの人??」
みたいな感覚は有りましたけれど、ぶっちゃけ元々撃ち合いごっこが大好き

断る理由は見当たらない

いや、喜んで参加しましょう!


ってのが、現在な訳です



前置きが長かったのですが、現在はSL-8モドキとなっていますが
元々はマルイからG36Cが発売された初期のロットの物です










2_20190421172918bda.jpg
今回はアップしませんが
この他にもM4モドキやMP-5Kモドキと言うのか、訳の分からないカスタムの物が御座います
一気に記事にするとネタ切れになるので追々アップしようかと思います




3_2019042117292038f.jpg


上でも有りますけれど、11.1Vのハイサイクルです



変な話、フルオートで戦えるフィールドって少ないように思います
実際にセミオート戦とフルオート戦
どちらが好き?と聞かれると、迷わずセミオートでの戦いです

バラまくのは楽しいです
でも、トリガー引きっパナシで勝敗が決まる
..........

うーむ・・・・

引いたもの勝ですかね?
昔の極悪カスタムが主流のサバイバルゲームにも似た感じにも思えるのは俺だけか?
それはともかく、ハイサイクルと言うジャンルが有るからにはどんな物なのかは見ておきたい

そのベースとなるのが、元G36C改 SL8モドキ ハイサイクル実験台なのです


仕事が忙しくてなかなか集中して触れないのですが、現状は11.1Vにて
充電率はソコソコ
秒31発のサイクルです










4_201904211729214b1.jpg


分解中

メカボと言うのか、中身は発売された初期のマルイG36Cです




5_201904211729237e0.jpg

因みにインナーバレル
ハイサイクルを追求すると必然的にピストンスピードを求められます
しかし、ピストンスピードを速くすると公に初速を公開出来ないような酷い事になります

それを何とかするとインナーバレルが短くなってしまいます

マニアックな話し、セクターを後2枚ぐらい削るかな?
なんて

因みにルーズバレルでコレだったりする><








6_2019042117292432a.jpg

現状はAIPのハイトルク

ハイトルクなんだけど、素で使うと回りすぎるのか(?)セミがバーストになる
勿論バネとギア比との兼ね合いも有るので一概にはいえませんよ?





7_20190421172926eee.jpg
一応ハイスピードモーターらしい?
実際には、立ち上がりのトルクの問題などが有るのですが、ソレがどうなのかは、使った人にしか解らない事なのです






8_201904211729274cb.jpg
組み込み完了
さて、データを確認・・・



この時が一番緊張します





9_20190421172929209.jpg
初速91
秒41発


サイクルはともかく、初速的にはほとんどのフィールドで適合すると思う







10_20190421172930f9b.jpg

昔はばら撒くのが大好きだったけれど、今はどちらかと言うとセミオートでの戦いの方が好きです
単順に反応が鈍くなったので、フルオート戦に対応出来なくなったのかな?



悔しいです><


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:サバゲ

comment(4trackback(0

いろいろ

2019/04/18(Thu) 19:02

1_20190418183203c16.jpg

みなさんこんちゃ
バタバタしていてなかなかブログ更新しないjp-akaiです

いやぁ、最近ブログさぼり気味なのに毎日ココにアクセスしてくれる人に申し訳ないです
何とか更新しなきゃと思うのですが、仕事が終わるのが遅くて
終わった頃には疲れて帰ってしまいます
仕事が忙しいのは、良い事なのですがただ単に一人なのでスケジュールがパツパツなだけだったりもします

さて、話は変わりますが春ですね
春と言えば桜の季節

約20年ぶりかな?
久しぶりに桜ノ宮にお花見に行ってきました








2_201904181832049ae.jpg

しかし暑い
数日前まで寒くて凍えながら仕事をしていたのに、すでに冷房のお世話に・・・・
まだ4月だぞ?って?
工場は熱気がこもって、特に二階に作った事務所はすでにサウナ状態で御座います><







3_20190418183205d1c.jpg

去年は買いそびれましたが、今年は早めに服に付けるファンを購入しました
これで今年の夏は快適??

ま、そんな甘い暑さじゃないんですけどね
うちの工場は・・・・






4_2019041818320649d.jpg


話は変わりますがすぐに在庫が無くなっちゃうタワーバー
これも皆様のおかげです
ありがとうございます

現在在庫の補充で頑張って製作中です
もう少しお待ちください







5_201904181832083b2.jpg



いきなり武装

いやぁ、実は、マシニングの加工中の待ち時間が退屈な時が有ります
他にやる事が有る時は、別の作業をするのですが
手待ちの時は退屈なんです><

そんな時は工場でクリアリングの練習をしたり
一人シャドー・クイックショットをやってみたり。。。

知っている人も多いと思いますが、ストレス発散と運動の為にサバゲをやっています
これがなかなか面白いんですよ

サバゲも楽しいのですが、元々機械を触るのが好きなので愛銃をカスタムしたりバイクや車にも通じる物が御座います








6_20190418183209754.jpg

そんなアホな事ばっかりしているとマシニングから

ボン


と、嫌な音が聞こえています

加工中に出た切カスが刃物に巻き込んでエンドミルが折れてしまいました・・・(´;ω;`)

因みにこの後同じ場所で2本超硬エンドミルを折ってしまいました・・・・

なんでやろ?
巻き込みしないプログラムなはずなのに?
噴射しているクーラントの場所と切カスの掃き出し位置が悪いんだろうな・・
反省しても折れた刃物は帰ってこない






7_20190418183211990.jpg


旋盤は汎用なので目が離せません



8_20190418183213927.jpg


もう少しで完成
でも実はココからが長い道のりだったりもします

あともう少しなので暫くお待ちを!


jp-akai


テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:ワンオフとその他

comment(2trackback(0

バタバタっと、気が付けば桜の季節

2019/03/24(Sun) 18:11

1_20190324170212d3b.jpg
皆さんコンチャ
炎の旋盤師jp-akaiです

いやぁ、忙しいと言うよりも、身体が一つでは、とても仕事をさばけない

なんちゅーんだろう?
同じ納期の仕事が重なりまくるんだ

皆、陰で打ち合わせしてないかい??

でも仕事が一度途切れだすと、焦るぐらい途切れるんだ
頼むから平均してくれ








2_20190324170213d84.jpg


バイクの部品の在庫補充がなかなか出来ない
ま、忙しいってのは、世間的にいい訳なんかな?

あんま自分をストイックに追い込むと鬱になるので
出来る時にヤルようにはしています

3_20190324170214e49.jpg


コチラも在庫切れ
スタビ作るのって意外とと手間と時間がかかるんだ

4_20190324170216dd5.jpg

自分の部品もまともに作る時間が無いのに
こんなモノをぶち込んで来る野郎が居る

そう、スクーターと言えば
ヤツだ・・・・・



実は、仕事が重なり過ぎてパンクしている時に何時も助けてくれているのが
ヤツ=たけしだったりします


いつも俺をサポートしてくれているお礼がこのような作業全般だったりする訳です

ギブ&テイク

表現は、悪いかもしれないけれど
ヤドカリとイソギンチャクにも似た友情です


5_20190324170217c8f.jpg


今回もやる事が一杯ありますが、その一部を当オ〇ニーブログのオカズ(記事)にしてみようかと
その一つ目

キャリパーのコンバート

たけし: akaiさん、このキャリパーを付けたいのですが・・
ココのボルト穴を流用して、ここを削って、ここから引っ張って・・・


俺:ふむふむ
なるほど
良くまぁ、そんな発想が出て来るモンだと
関心するわ

でもコレ、ハーレーによくついているのを見かけるんだが・・・?




6_20190324170218184.jpg

出何処は何処かすぐに解かった・・
いまさら書くまでもない


しかしまぁ、アメリカ製となると嫌な予感しかしない

レンチが合わない

見てこの良く解らないボルトピッチ

幸い隣がハレー屋なんでコイツを回せるインチサイズのレンチを借りる事が出来たから良い物の・・・

でも、隣がハーレー屋じゃ無かったら、こんなキャリパーと対面する事もないんだけどね








7_20190324170220116.jpg
分解して
たけしの指示の下に削る



8_2019032417022203e.jpg

なんでこんな所をザグルのか?
コレもたけしの指示の下

詳細は後程








9_20190324170223acb.jpg

なにこの気持ち悪いサイズとピッチ

今時訳の分からない規格のネジを使うのって、日本の建築とアメリカのインチだけでしょ?
いい加減メートル法を取り入れてみては?






10_20190324170225fba.jpg


ボルトの一か所を、ミリネジ規格に作り変える


11_20190324170226102.jpg

理由は、明白
ミリネジの方が入手がかんたんだから


12_2019032417022837f.jpg

後に全体が明らかになるので、ここで細かい説明はしませんが
キャリパーサポート的な何か?を作ります

いつも無茶苦茶な俺の仕事量と短納期に付き合ってくれているたけし
逆に
たけしもわりかし無茶苦茶なリクエストをしてくる



13_2019032417022968f.jpg

コレをこうして、ここからこうして・・・

アイディアは良い

しかし、ソレ誰がやるねん?><



14_20190324170230429.jpg


この今回以外使い処の無い本気のウルトラワンオフ部品
たけし以外でこんな無茶を言う依頼が来たとすると美しく断るだろう







15_201903241702326d5.jpg

で、取付したらこんなん

先ほどのワンオフ部品
殆ど全く見えない


ちゅーか、コレでええねんな?
力学的に難しいウンチクは書きません

普通なら断ると言うか、同意書にサインさせますよ
スクーターの街乗りレベルなら大丈夫なんかな?




16_20190324170234155.jpg


リアルタイムで今日の話なんですが
今年初の墓参りに行ってきました
三田は寒い

昔は、叔父と二人で眺めたこの風景
悲しいけれど今は、俺一人

テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(1trackback(0

何屋やねん・・・

2019/02/18(Mon) 22:11

1_201902182101368ff.jpg

みなさん今晩は
相変わらず何屋やねんと苦悩するjp-akaiです

ま、こんなネタしかアップしないのでバイク屋と思われても仕方が無いのは自覚しています

それよりも、こんな事ばっかりしているヒマ人と思われると凄く困ります

だいたいウチにスクーター関係を持ち込むのはヤツしかいません

あえて名前は出しませんがアイツです

今日はヤマハのTマックスか・・・

コイツをどうしろと?・・・・


2_20190218210137ac3.jpg

いきなりジャックナイフ

バイクマニアによる新手のSMプレーでは御座いません
俺も変態だけど流石にこんな事には興味ないです



3_20190218210139353.jpg

なにやら走行中に何かを踏んずけて、それを巻き上げて、それがクランクにヒットしてしまったらしいです



4_20190218210140305.jpg


解り辛いけれど、ここにヒットして穴が開いていますね
この穴からオイルがダダ漏れでエンジンが始動できないので溶接で埋めて欲しいとの事


5_20190218210142000.jpg

溶接機にも沢山の種類が有ります
ウチが日頃使うのは、アーク溶接・半自動溶接機 そしてtig溶接です
今回使用するのは、tig溶接 通称アルゴン溶接です

このアルゴンにもまた種類が御座います

日頃使っているのはこのデジタル直流溶接機

主に鉄系の溶接に使用しています
鉄系と言いましてもステンレスがメインです


しかし悲しい事にアルミを溶接するには、交流溶接じゃないと溶接出来ないのです><







6_20190218210143dbb.jpg

でもちゃんと有ります
コイツは直流と交流を切り替えできる優れモノ




7_201902182101443f8.jpg


因みに水冷のラジエータはR1-Zの物
水タンクやらも自分で作って遊んでみました





8_20190218210146dbf.jpg

で、話は本題へと移ります
クランクケースに穴が開いているのでオイルがポトポトと落ちてきます





9_201902182101489a0.jpg

しかしそれじゃ困るんですよ
不純物が付着していたり、オイルが有ると、それが燃えて溶け込みの邪魔をすると言うか
溶接不良の原因になります


手に持つのは、溶接の時に使う溶加棒





10_201902182101493a2.jpg


ハンマーで叩いて成形




11_20190218210151bca.jpg

穴にブッツ挿す



12_20190218210152d6d.jpg

オイル漏れが止まったスキにキレイに洗浄して、一気に溶接

これで大丈夫じゃ







13_2019021821015455b.jpg

日は変わり今日の出来事
某バイク屋さんがコレを持って来た

ゼファー750のヘッドかな?





14_20190218210155053.jpg

先ず目に飛び込む刺激的な光景

折れとるやないか

コレを俺にどないしろと??!

まさかコイツを取れとか言わんといてな・・・・





15_20190218210157dc0.jpg

次に二本残るスタッドボルト

うん、まさかコレ取れないとか言わないよね?
ね?






(´;ω;`)
まじすか?!








16_20190218210158eac.jpg

ぅわ、どないしたろか・・・
とりあえず折れたボルトから取り掛かろう



17_201902182101596d1.jpg

どうすれば良いか?
どれが最適か?

正直わからん

とにかく雰囲気で色々と試す

今回は叩いたり、物理的な衝撃を加えると
アルミの鋳物が割れる恐れがあるので慎重に抜き取ろうと


フライスにセットしてボルトの真ん中にセンターを揉みつける







18_201902182102012bf.jpg


揉みつけた場所に小さめのキリで下穴貫通

ショックで撮影忘れたけれど、この後にφ5のエンドミルで貫通

何がショックなのかって、ネジセンターをエンドミルでさらった時に
残りのネジがエンドミルに絡みついて刃物がダメになってしまったんだ><
最悪







19_20190218210244e1e.jpg

まぁ、幸いに折れたボルトは除去出来たので
荒れたネジ穴をタップで整えなおす





20_20190218210246895.jpg

今回は無事にネジ穴復活



21_20190218210248b0f.jpg

さて・・・
現実逃避をしたいけれど
現実逃避が出来ない
緩まないスタッドボルト

マジ固い
クソ固い
無理したら絶対折れますよ!って感じ


コイツをどないしろって!



22_2019021821024965e.jpg

最終手段
焼く

金属って温めると膨張するでしょ?

難しい理屈は抜き






23_20190218210251ddc.jpg


二本のうちの一本は、わりと素直に抜けた

しかし、残りの一本は相当頑固者(物?)
膨張させても固い
しかし抜かなければいけない


慎重に回したんだけどクラックが入ってしまった


手がもう一本有れば違った結果になった事は事実なんだけれど
無い物は無い
現実は現実

さて、どうしたモノか?






24_201902182102526b4.jpg


クラックの部分を先ほど紹介しました交流溶接機にてくっ付けました




25_20190218210254163.jpg

荒れたネジ穴をタップで修正

鉄 ステンレス チタン アルミ ハステロイ

一口に金属なのですが、それぞれに特徴といいますか、クセが御座います
そしてそれぞれに異なる対応をしなければならない

金属って深いですよね

それでは皆さん
さよなら
さよなら
さよなら

(古いか><)




テーマ:バイクカスタム ジャンル:車・バイク

Category:バイク色々

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ